2019/06/22

理論生物学

理学部の加藤さんに朝倉キャンパスよりお越しいただきます。ご来聴お待ちしております。

日時:2019年7月1日(月)14:50-16:20
場所:高知大学物部キャンパス 3-1-13教室
講師:加藤元海(高知大学理学部)
演題:理論生物学研究室で行なわれている研究

理論生物学とは、狭義では、生命科学や生物学における現象を主に数学などを用いて数理的に研究することです。高知大学の理論生物学研究室では、野外の生き物を対象に、なぜそのような行動をとるのか、なぜそのような生態なのかを「考える」ことも広義の意味として研究対象としています。実際に研究室所属の学生は、自然豊かな高知で見られる様々な動物の生態について野外調査をとおして研究しています。理論生物学研究室の長所であり短所である特徴は、測定などを行なう機械や道具が一切研究室にないことです。機器や道具がないので、思うように生物を調べることができません(短所)。しかし、特殊な機械や道具がないことから、対象生物が縛られることはありません(長所)。ただ、たいていの生物は、「工夫」すれば何らかのデータが取れます。これまでの卒業研究や大学院の研究で行なわれた研究は、高知のさまざまな生息場所(山・川・海)に加え、さまざまな分類群、大きさにわたる動物(ヒトを含む)が対象となっています。哺乳類では、コウモリ、カワウソ、タヌキ、キツネ、ヤギ、ニホンザル、ヒト、クジラ;鳥類では、山奥に生息する鳥、フラミンゴ;爬虫両生類では、ヤモリ、カエル、サンショウウオ;魚類では、マンボウ、ジンベエザメ;無脊椎動物では、水生昆虫、サワガニ、プラナリア、ザトウムシ、クモ、マダニ(タヌキの外部寄生虫)、回虫(タヌキの内部寄生虫);その他の項目としては、底生藻類、昆虫食、タヌキの脂が学生たちの研究対象となっています。

2019/06/14

熱帯低湿地林

東南アジアの泥炭湿地林に関する講演です。ご来聴お待ちしております。

日時:2019年6月17日(月)14:50-16:20
場所:高知大学物部キャンパス 3-1-13教室
講師:嶋村鉄也(愛媛大学農学研究科)
演題:熱帯低湿地林を観る

熱帯の低湿地では、水が溜まりやすい場所で植物遺体の分解がある段階で抑えられ、泥炭が堆積し熱帯泥炭湿地林とよばれる特異な景観が発達することがある。泥炭といっても日本の釧路や尾瀬の泥炭はミズゴケ由来のものであるが、熱帯泥炭の場合は木質化した植物遺体由来のものとなっている。この泥炭は厚さが最大で20~30m程になり、ドーム状の地形を形成する。このドームの上では泥炭の厚さにしたがって、4-5種類の異なる植物群落が発達し、多様な植物が生育することが知られている。本セミナーでは、この泥炭湿地林の成り立ちや特異性について、植物群集動態や物質循環に関する研究を踏まえながら概説する。次に、この泥炭地を巡る世界的な状況について説明をし、現在行っている研究プロジェクトについて簡潔に紹介する。


このセミナーは生態学会中国・四国地区会の補助を受けました。

2019/06/04

精子経済理論

行動生態学、性比理論に関する講演です。ご来聴お待ちしております。

日時:2019年6月8日(土)14:50-16:20
場所:高知大学 物部キャンパス1-1-13教室
講師:安部 淳(明治学院大学・教養)
演題:精子の数をめぐる雌雄間の攻防:精子経済理論とその実証

要旨:
雌の交尾頻度に関する問題と雄の精子競争にともなう精子分配の問題は、それぞれ理論と実証の両面から精力的に研究されてきた。しかし、これら雌雄の配偶戦略は、交尾時に授受する精子数をめぐり、お互いに影響し合って進化すると考えられる。そこで、これまで独立にとらえられていた雌の交尾頻度と雄の精子分配が、共進化する状況を理論的に解析した。その結果、集団全体で精子量が制限されやすい状況では、雄は交尾相手の数を稼ぐため交尾当りの射精量を小出しにし、雌は十分な精子量を確保するため複数回交尾する状況が進化的に安定になると予測された。集団全体の精子量は、例えば集団性比が雌に偏るほど制限されると考えられる。母親の性比調節により性比が雌に偏る寄生バチや、共生細菌の影響で性比が雌に偏るチョウやテントウムシの仲間について、現在行っている実証研究についても紹介する。

精子経済理論によると、集団の性比が雌に偏ると雄の射精量の小出しと雌の複数回交尾が予測される。写真は寄生バチMelittobia australicaの雄(中央のオレンジ色の個体)と雌(周囲の黒い個体)。Abe & Kamimura (2015; American Naturalist) から転用。

2019/04/27

天敵昆虫による外来種の制御

天敵昆虫を用いた外来昆虫の制御に関する講演が2件あります。アメリカに侵入したアジア原産のシタベニハゴロモ(Lycorma delicatula)とビワコカタカイガラモドキ(Nipponaclerda biwakoensis)を対象にした取り組みです。皆様のご来聴をお待ちしております(使用言語:英語)

日時:2019年5月27日(月)14:50-16:20
場所:高知大学 物部キャンパス3-1-13教室

講演1
Hannah Broadley (United States Department of Agriculture)
Development of biological control methods against invasive spotted lanternfly in the Eastern USA

Spotted lanternfly (Lycorma delicatula White) is a recent invader that was accidently introduced from China to the state of Pennsylvania in the US. It is an important pest of grapes, apples, and stone fruits, although its preferred host is tree of heaven (Ailanthus altissima). Interestingly, spotted lanternfly is also an invasive species in Korea and Japan. We're working on developing biological control and currently are studying an egg parasitoid, Anastatus orientalis, and a nymphal parasitoid, Dryinus sp.

講演2
Ian Knight (Louisiana State University)
Common reed die-back, and the invasive Roseau cane scale in the Mississippi River Delta, Louisiana, USA

I'll cover the history and importance of Phragmites in the Delta and the symptoms and implications of the die-offs. I'll also talk about the arrival of the scale, what we know about it, and data from our projects looking at its distribution in Louisiana and its effect on Phragmites. I will also cover some of the work we've done in Louisiana on the parasitoids that already occur here.

2019/04/25

カニ群集と人間活動の影響

2019年度1回目のセミナーが下記の通りに開催されます。事前の連絡等は不要です。皆様のご来聴をお待ちしております(使用言語:英語)

日時:2019年5月13日(月)14:50-16:20
場所:高知大学 物部キャンパス3-1-13教室
講師:Peter Vermeiren (JSPS post doc, Kochi University)
演題:Human activities affect the structure and functioning of crab communities

要旨:
The intertidal zone of estuaries presents a diverse landscape for organisms. Crab communities are a diverse and abundant group of organisms within the intertidal zone of many estuaries. Different crab species occupy different habitats. However, human activities also vary among different locations. Hence, to support biodiversity conservation, we need to understand the spatial distribution of crab species across the landscape. Then, we can compare this with the occurrence of human activities within the estuarine landscape. Using species distribution modelling, we identify patterns in crab occurrence. This way, we can predict where species will occur, and how the community composition might shift under influence of human activities. Next, we can also include information about morphological characteristics of crabs and link these to the environmental conditions of the habitats where the crabs live. This way, we can gain insights into how crabs are adapted to live in different habitats. Additionally, crab species are closely linked to the rest of the ecosystem via their food web interactions and ecosystem engineering activities. Using biochemical tracers, we can identify the role of different crab species in the food web. Consequently, we can also visualise the effect of human activities on the broader food web. The seminar will illustrate effects of different types of human activities such as habitat modification and pollution by microplastics.

2019/01/07

テヅルモヅル

クモヒトデ類の分類・系統・生態について、『深海生物テヅルモヅルの謎を追え!』(東海大学出版部)の著者である岡西さんに紹介していただきます。ご来聴お待ちしております。

日時:2019年2月1日(金)16:30-18:00
場所:高知大学 物部キャンパス 附属暖地フィールドサイエンス教育研究センター講義室(いつもと建物が異なります)
講師:岡西 政典 博士(東大臨海実験所)
演題:クモヒトデ類を研究する~フィールドワークに基づくアプローチ~

要旨:
クモヒトデ類は,ウニやヒトデと同じ棘皮動物門に属する海産無脊椎動物である.細長い腕を器用に動かすことであらゆる海底環境に進出し,棘皮動物の中では最も成功したグループであるといわれている.しかしながら,2100種ほどが知られるその多様性の創出機構については,未だ謎が多い.
 本演題では,一般に馴染みの薄いこのクモヒトデ類の概説を交えながら,演者が注目してきた深海性のツルクモヒトデ目(腕の分岐するいわゆるテヅルモヅル類を含むグループ)の系統・分類学的研究,その後のクモヒトデ類全体を対象とした多様性の解明,並びに,三崎臨海におけるテヅルモヅル類の腕の再生過程メカニズムの解明への取り組みなどを,演者のフィールドワークの経験も含め,ざっくばらんに紹介していきたい.

2018/11/23

グアテマラの昆虫と環境教育

グアテマラで活動を続けている吉本治一郎博士に下記の要領で講演していただきます。ご来聴お待ちしております。

日時:2018年12月20日(木)16:30-18:00
場所:高知大学 物部キャンパス 3-1-11教室
講師:吉本 治一郎 博士(グアテマラ・デル・バジェ大学研究員)
演題:グアテマラにおける昆虫調査と環境教育

要旨:
グアテマラは豊かな生物相を有しているが、近年、森林伐採などによってその生態系は危機にさらされている。このような環境劣化を食い止め、保全を進めていくには、自然環境に関する基礎情報の収集に加えて、環境に対する一般の人々の意識を高めるための啓発・教育が必要である。演者は2011~2012年にJICA青年海外協力隊員としてグアテマラで昆虫調査と環境教育を行い、現在は同国の大学に所属してこれらの活動を継続している。本講演の前半では、グアテマラの自然について概説した後、乾燥林(季節林)での昆虫調査(蝶のインベントリーと季節性)の結果を報告する。後半では、昆虫に関する書籍の出版及び出前授業・講習会など、演者が現在同国で行っている一連の普及啓発活動について紹介する。